現代の“生け花”

現代の日本では、古くから続く昔ながらの生け花・華道という形も当然残っています。

それと同時に「花々を生ける」というような感覚ではなく、より花をデザインし加工するといったような形で、フラワーアーティストやフラワーデザイナー等など呼ばれるような、アーティスト活躍を行うような人々の存在が目覚しく、様々な分野でその活動がみられております。

フラワーアレンジメントや、華道などにおいて、それぞれの作品作りには、様々なルールや規則があるようですが、実際に、自宅などで皆さんが趣味の一環などとして、フラワーアレンジメントを楽しむような時は、そのようなルールや規定に関しては、さほど気にされてない方が少なくないのではないでしょうか?

「華道」などとして、花を生けるということは、花という存在を「美」そのものであるという認識で、古来から人々は接していたようです。また、東洋の華道に関しては、宗教や、信仰心、儀式などといった意味合いの形で、花を多く使用しております。

神、仏、信仰など、人々が聖域であるとするような場所で花の需要が多く見られるのも特徴です。花々は本来、自然の中に共にあるものです。

花を生けるという意味合いは、「自然」を人々の生活環境の近くに置くといった意味合いも深くあるようです。

>> 華道を基礎から学ぼうPresented by Rem トップページへ